◆レイプ=性暴力を生み出す危険なアドレナリン・セックス

NO IMAGE

閲覧注意
レイプは日本では「性暴力」と呼ばれることもあるが、その本質は自らの欲望を遂げたいために「暴力」で女性を服従させることにある。

人間は、暴力的傾向になるとき、必ずアドレナリンを放出させる。アドレナリンというのは、激しい怒り、恐怖、驚愕、ストレスを感じたときに副腎髄質より分泌されるものだが、アドレナリンが駆け巡っているとき、文字通り人は「我を忘れる」ような状況になる。

人が暴力という極限状態の中にあるとき、理性で行動しているのではない。本能で行動している。

本能が支配しているときには動物と同じくらいの理性しか働いていないので、レイプが「ケダモノの所業」というのは、間違っていない。かなり的を射ている。

あなたもアドレナリンが放出された状態を経験したことがあるはずだ。アドレナリンは、自由に放出できないと思われているが、実は簡単に放出する方法がいくつかある。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事