殺戮大陸メキシコの狂気(1)麻薬に汚染されてしまった国家

NO IMAGE

閲覧注意
2010年12月17日。メキシコ州チワワで、ひとりの女性が至近距離から頭部に三発の銃弾を受けて殺された。彼女の名前はマリセラ・エスコベド・オルチズ。

この事件にメキシコ中がショックを受けて憤ったが、無理もなかった。なぜなら、彼女の娘ルビーもまた残虐な殺され方をしていて、しかも犯人は無罪放免になっていたからである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事