◆小説『スワイパー1999』、コミカライズ第2話。そして、カンボジアの想い出

◆小説『スワイパー1999』、コミカライズ第2話。そして、カンボジアの想い出

私の小説『スワイパー1999 カンボジアの闇にいた女たち』だが、先月から『まんがグリム童話』という雑誌の中で『アジア売春街の少女たち〜スワイパー1999〜』というタイトルで連載が始まっている。

『まんがグリム童話』については、こちらで詳細を書いた。(ブラックアジア:カンボジアの小説『スワイパー1999』、コミカライズ(マンガ化)します

9月28日。第2話が掲載されているのでシェアしたい。

●アジア売春街の少女たち〜スワイパー1999〜
 まんがグリム童話2020年10月号(第1話)
 まんがグリム童話2020年11月号(第2話)

もちろん、マンガにはマンガなりの表現があるので、原作とはまた違ったストーリー展開となっている。

この連載は第5話〜第6話あたりまで続くと思うが、完結したら全部まとまったものが1冊の電子コミックとして改めて発売されるので、「連載はイヤだ、完結したのを一気に読みたい」という方は来年の春あたりまで待って頂ければと思う。

改めて述べると、「スワイパー」というのは、カンボジアの首都プノンペンから北に11キロほど向かったところにあるベトナム人村の名称だ。カンボジアにもメコンデルタ経由で多くのベトナム人がやってきて住み着いているのだが、スワイパー村もそうだった。

ただ、スワイパーが他の村とは違ったのは、ここは売春が村のビジネスになっていたということだ。1990年代後半から2003年頃まで、ここは東南アジアで最も悪名高い「売春村」だったのだ。(ブラックアジア:スワイパー。カンボジア人の憎悪の中で存続した闇の売春村

『スワイパー1999』は、その実在の売春村を舞台にした小説にしたものだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事