◆レイプされることに気付いても、誰も助けないという心理

NO IMAGE

31歳のイギリス女性ジェシカ・デービスは2013年にインドのアグラというところに観光に行った。

そのときに泊まったのはアグラ・ハマルというホテル。このホテルは三つ星ホテルであり、インドにしてはある程度マシなホテルである。白塗りの外観もとても清潔感を感じさせる。

彼女がこのホテルの一室で寝ていたとき、真夜中の3時45分にいきなりドアがノックされた。パジャマ姿のまま彼女がドアを開けると、目の前には支配人が立っていて、いきなりマッサージ・サービスを申し出たという。

彼女はそれを拒絶してドアを閉めたが、支配人は立ち去ろうとせず、しまいにマスター・キーでドアを開けようとさえしたという。彼女は鍵穴に自分の鍵を差し込んでそれを抑え、ドアを家具でふさぎ、大声で助けを呼び続けた。

しかし、誰ひとりとして彼女を助けようとする人間は現れなかったという。やがてドアが無理やり開けられた。レイプされるくらいなら逃げる決意をしていた彼女は、2階の窓から飛び降りて負傷した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事