◆ビンラディンを殺害した男と、ビンラディンの曖昧な生と死

NO IMAGE

アメリカの特殊部隊に所属していたロバート・オニールという男が、オサマ・ビンラディンを殺害したのは自分だと名乗り出たという。

通常、特殊部隊は自分が関わった作戦については一切口外しないという了解事項があるので、ロバート・オニールの告白は波紋を呼んでいる。

オサマ・ビンラディンが死んだとされるのは2011年5月1日だったが、もう本当に遠い昔のような感じになっていて、しかも誰も何の感慨もないようだ。

それは、ビンラディンを巡るすべての事件が、何もかもが曖昧なまま歴史に消えて行こうとしているからだろう。

この2011年5月1日、オバマ大統領はテレビで緊急演説して、アメリカの宿敵であるアルカイダのトップ、オサマ・ビンラディンを殺害したと発表した。

「オサマ・ビンラディンはパキスタンのイスラマバード郊外に潜伏していたところを急襲されて殺された」

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事