酸攻撃。被害報道が女性をさらに危険に落とす地獄の悪循環

NO IMAGE

閲覧注意
死ぬよりも悲惨、殺すよりも残酷……。女性に酸をかけて顔面を破壊する酸攻撃(アシッド・アタック)という犯罪は、そのように形容される。

被害者は身もよだつような痛み、精神的ショック、外見の変貌、失明や失明危機、呼吸困難等に激しく苦しむ。さらには何十回にも渡る皮膚移植や手術を余儀なくされ、その苦しみは一生続く。

こうした犯罪は、インド・パキスタン・バングラデシュでは恒常的に行われてきたのだが、残虐非道な犯罪であるにも関わらず、いまだに続いている。

その理由は単純だ。アシッド・アタックは「女性の人生を破壊するのに、劇的な効果がある」からである。

テレビや新聞で、アシッド・アタックが悲惨なものであると喧伝されればされるほど、皮肉なことが起きる。逆にアシッド・アタックは犯罪者たちにとって「これは、効果がある」という認識になっていくのだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事