◆ネクロフィリア。内臓が取り出された、18歳の女性の遺体

NO IMAGE

閲覧注意
2014年8月1日、中国湖北省襄陽(じょうよう)市で、ひどい殺人事件が起きている。この日の午前、襄陽東駅で掃除人が赤い血まみれの奇妙なものが捨てられているのを発見した。

よく見ると、それは切断された若い女性の頭部だった。

すぐに警察が呼ばれて、その頭部は回収された。切断部は鋭い刃物で叩き切られたようになっていた。

現場付近を捜索した結果、この駅の裏側の人通りがほとんどない空き地で女性の首から下が見つかった。悲惨な状況になっていた。

切断された首から女性の性器まで縦に大きく切り裂かれ、腹の部分で今度は十字を切るように裂かれていた。そして、内臓が取り出されていたのである。

下腹部は切り裂かれた部分から無理やり手を突っ込んだ痕があって、女性の子宮も取り出されていた。そういった状況で、内臓が空っぽになったまま遺体が捨てられていたのだった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事