◆遺体を川に捨てる犯罪者が「素人」と判断される理由とは

NO IMAGE

閲覧注意
ブラジルの東部は貧しい農村地帯で、治安も極端に悪いところで知られている。大西洋に面したリオグランデ・ド・ノルテ州の小さな農村で、ひとりの少女が失踪した。

19歳の若い女性で、地元では「ロージー」という呼び名で知られていた。本名はエリゼネート・リベイロ・ダンタス。まだ学生でもあった。

彼女は夜の10時を過ぎても家に帰ってこなかった。彼女の家族は朝になって警察に通報した。警察はすぐに捜索に入ったが1日経っても見つからず、公開捜査に踏み切った。

やがて4日後、ピラニア川と呼ばれる川に「臨月に近い妊婦」の死体が浮いているという通報があった。

警察が駆けつけると、すでに長時間水に浸かったせいで、皮が溶解しかけている女性の遺体が見つかった。遺体の腹部はパンパンに膨れあがって、そのまま子供が産まれそうな状態になっていた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事