◆理不尽な暴力の中で、必死に堪え忍びながら生きる女性たち

◆理不尽な暴力の中で、必死に堪え忍びながら生きる女性たち

女性にとっては容姿を失うというのは、とても大変なことだ。今、インド、パキスタン、イランといった国々で女性の顔に強酸をかけて損壊させる「アシッド・アタック」という残酷な事件がずっと続いている。

またアフガニスタンでは、イスラム原理主義の流れを汲むタリバンが女性の鼻や耳を削いでいる。

女性なのに車を運転したとか、ベールをかぶらなかったとか、宗教をないがしろにしたとか、親に内緒で男と付き合ったとか、暴力夫から逃げたというような理由で、それが行われる。

いずれにしても、女性の人生を破壊するような罪であるとは思えない。しかし、こういった前近代的なリンチによって女性の容貌は破壊される事態が今も続いている。

アシッド・アタックで容姿を破壊され、あるいは鼻や耳を削がれた女性がいかに凄絶な精神的苦痛を味わうかは考えなくても分かる。それはとても恐ろしいことだ。

そういう意味で、こういった残酷なリンチは、その地の女性を徹底的に隷属化させることに成功している。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事