◆シュガー・ダディ。若い女性に資金援助して得るものとは

NO IMAGE

「シュガー・ダディ」という言葉がフィリピンにはある。直訳すれば「甘いお父さん」という意味だが、これは物事に甘いお父さんという意味ではない。

フィリピンは現在のベニグノ・アキノ大統領になって、大きく経済成長しているのだが、それでも貧困層は貧困のままで、若い女性も生活費や学費に苦労している。

フィリピンもご多分に漏れずれっきとした学歴社会で、大学卒業の学歴がないと、「絶対に」と言っていいほど正社員にはなれない。

叩き上げだとか、実力があるというのを正当に評価するのは日本くらいで、大学を出ていないとその時点で一生の負け犬だ。

これは、女性であっても事情は変わらない。若い女性も何とか大学を卒業できるように、必死になって大学に通う。しかし、先立つものがない。家族も貧しく、誰も彼女の向上心を支えきれない。

だから、生活や学費を資金援助してくれる人をフィリピンの若い女性は求めている。そんな「男」がいたら、フィリピンの若い女性は「ある取引」をして資金援助をしてもらう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事