◆社会から堕ちた男を、黙って愛してくれる女がいるところ

◆社会から堕ちた男を、黙って愛してくれる女がいるところ

誰でも、薄汚い部屋よりも、きれいな部屋の方が好きだ。きちんと掃除されてゴミひとつ落ちていない部屋、毎日交換されるベッドのシーツ、クリーンなトイレとバスルーム、最新型のハイテク機器が揃った部屋にいたい。

しかし、スラムに行けば、そんな環境があるはずがない。クーラーもなければ、清潔なシーツもない。トイレや浴室は部屋の外の共同で、そこは汚物が散乱し、虫が這い回っているようなところだ。

私が這い回ってきた売春地帯とは、そんな荒れ果てた環境がほとんどだった。そこにいればいるほど惨めになるような、自分がどうしようもなく堕ちたような、世の中から見捨てられたような、そんな気持ちになる場所だ。

インドの売春地帯などは特にそうだ。ひどい場所だ。

インドの蒸し暑い売春地帯の部屋は、カビくさい臭いと、饐えた汗の臭いと、古い建物の様々な臭いと、スパイスの臭いがごった混ぜになって、気分が悪くなることがある。

しかし、そのひどい環境の売春地帯が忘れられない。しばしば、そこが懐かしくてたまらなくなる。どん底の世界が、私の心を引きずり込む。

You need to be logged in to view the rest of the content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事