◆私を驚かせた性的倒錯で受容できたものと無理だったもの

NO IMAGE

売春地帯にいれば様々な女性と関係するわけで、そうすると考え方の違いや趣向の違いや文化の違いで、とても奇妙な経験をしたり、提案をされたりする。

私自身はフェティストでもないし、性的倒錯(パラフィリア)と呼ばれるような性的倒錯を持っていないので、女性たちは私に性的倒錯を無理強いすることはなかった。

倒錯した性癖を見せてくれても私が深追いしないので、私の前では倒錯を押さえていた女性もいた。

私は女性がどのような性的倒錯(パラフィリア)を持っていても受け入れられるところまでは受け入れるつもりでいるが、応じられないと思うものも多かった。

変わった趣味を持った女性は意外に多い。もしかしたら偶然なのかもしれないが、インドネシア女性に変わった趣味の女性が多かったように思える。

ただ、東南アジア全域で変わった性的倒錯(パラフィリア)を持った女性と出会っているので、インドネシア女性だけが異常ではないのだが、なぜかインドネシアでは風変わりな女性が多くて、私はどぎまぎしてしまったものだった。

いくつか、私を驚かせた女性たちの性的倒錯の「提案」があったが、どうしても私が受け入れられなかったものがある。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事