◆女性の自爆テロ。死の恐怖よりも強いものとは何なのか?

NO IMAGE

閲覧注意
シリア・イラク一帯を暴力の渦に巻き込んでいるISIS(イスラム国)、アフガニスタンのタリバン、ナイジェリアで過激暴力テロを引き起こしているボコ・ハラム、あるいは反ロシアの過激テロを行うチェチェンのイスラム過激派……。

イスラムの過激テロリスト集団は、暴力と紛争と貧困の中で拡大していき、国家権力に追い詰められていけばいくほどさらに凄まじいテロを引き起こしていく。

アフガニスタンやイラクで続出していたテロは、やがて全世界を覆い尽くすようになっていったのだが、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件以後、もう欧米先進国でテロが起きても誰も驚かない。

イスラム過激派によるテロはますます高度化し、日常化し、無差別化している。そして、アブ・ムサブ・ザルカウィの登場から、テロによる殺戮は一種のショーと化して世界を暴力で覆い尽くしていった。(ザルカウィの呪い。それは憎悪と暴力が渦巻く世界を生み出す

テロに手段は選ばない。テロを引き起こすために、イスラム過激派は様々なテロ方法を考えるのだが、欧米ではそれを防止するために監視の度をどんどん強めていくようになっている。

監視を逃れるためにイスラム過激派もより見破られにくいテロを行う。そして、現在では当たり前のように使われるようになっているテロ戦術がある。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事