◆ガイア殺人事件。残虐な殺人で浮き彫りになった事実とは

NO IMAGE

閲覧注意
ブラジルは混血文化であり、白人系から黒人系まで多くが混ざり合う国なので、「この国は人種差別がない」というのが一般的な通念として知られている。

ところが、この国に住むブラックやムラート(黒人系の混血)の人たちは、そうは思っていないようだ。「紛れもなく差別がある」と彼らは訴える。

たとえば、殺人事件が起きて容疑者が白人系と黒人系がいたとき「いつも逮捕されるのは黒人系である」と彼らは言う。

「たとえ、それがネグィナであってもそうだ」

ネグィナ、あるいは短縮形のネグラというのは、「小さな黒い少女」を意味するが、おおよそ殺人をするように見えない女性であっても、「肌が黒い」となれば殺人の容疑者に仕立て上げられる。

そのブラジルにおける「黒い肌の差別」が、如実に表れたのがイタリア人女性「ガイア・モリナーリ殺人事件」であると言われている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事