◆「赤ん坊の目をくり抜く」「赤ん坊を食べる」異常行為が正当化される理由

◆「赤ん坊の目をくり抜く」「赤ん坊を食べる」異常行為が正当化される理由

閲覧注意
ナイジェリアでは「黒魔術(ブラック・マジック)」が信じられており、しばしば女性や子供が生け贄として捧げられている。

儀式のために、両乳房を切り取られて殺された女性の遺体も以前に紹介したことがある。(ブラックアジア:儀式のために、両乳房を切り取られて殺された女性の遺体

神を信じる人がいるのだから、悪魔を信じる人もいる。悪魔は神に対抗し得るほどのパワーを持つ存在であると考えられている。そうであれば、悪魔の力を借りて超絶的なパワーを手に入れようと妄想する人も存在する。

だから、そうした人たちが「悪魔を信じるカルト」を支持する。

この世の中には信じられないような反社会的な宗教集団がある。カルトという括りで知られるこれらの宗教集団は「悪魔」を信仰するが故に悪魔的になろうとする。悪魔は邪悪な存在なので、悪魔を崇拝することによってカルト集団は善悪の常識や社会通念を、そっくり裏返しにすることが可能になる。

カルトの多くは、非常にカリスマを持った教祖が存在する。教祖はしばしば悪魔の化身とされて、組織の中で君臨する。信者はこの教祖に絶対服従し、すべてを教祖に捧げる形となる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事