◆まるで火傷を負ってしまったかのような凄まじいアトピー

NO IMAGE

閲覧注意
歓楽街で絶対に勤まらない女性がいるとすれば、それは皮膚にトラブルを持った女性であると言われている。

皮膚にトラブルと言ってもその種類や程度は様々なのだが、皮膚のなめらかさを失わせる疾患はその見た目から避けられることが多い。

本来はそんな女性が歓楽街にいるはずがないと思うのだが、歓楽街はどんな女性でも存在する。皮膚にトラブルがある女性がいても何ら不思議ではない。

さすがにメラノーマ(悪性黒色腫)を発症した女性が売春地帯にいるはずがないと思う人もいるかもしれない。

しかし、そんな女性ですらも存在する。私はひとりのタイ女性が左乳房の上部にメラノーマを発症していながら売春ビジネスをしているのを目撃して驚いたことがある。

かと思えば、アシッド・アタックされて背中がケロイドになった女性が売春地帯にいるのも見たことがある。(売春地帯で、初めてアシッド・アタックされた女性を見た日

皮膚にトラブルがあるというのは、見た目からして男に衝撃を与えることが多く、そうした女性はなかなか歓楽街のような世界では生きていけない。

皮膚のトラブルはそのどれも容姿に影響するので大変だと思うが、中でも大変だと感じるのはアトピーの女性たちだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事