◆10万人の少女が売春をする国。彼女たちを28ドルで買っている男たち

◆10万人の少女が売春をする国。彼女たちを28ドルで買っている男たち

世界は、すべてにおいて「不公平」である。そして、不公平さは強者と弱者を生み出す。

世の中の圧倒的多数の人は、不公平に気付いてもそれに対して何かしようとはしない。不公平な社会の中で、弱者を救おうともしないし、逆に弱者の弱みにつけこもうともしない。つまり、彼らは傍観者だ。

人々が傍観者になるのは仕方がないことだ。誰もが人生を生きるのに精一杯だ。

しかし、世の中には不公平を憂いて弱者を救済しようとする人もいる。世の中を良くしたいと行動を起こす人は人類の宝でもある。こういう人は稀なのだがゼロではないというのが人類の希望だ。彼らは、救済者だ。

ところで、世の中は傍観者と救済者だけではないのも事実である。

もっと別の種類の人間もいる。たとえば、不公平さを使って何らかの利益を得ようとする人だ。彼らは世の中を変えない。利用する。そして欲しいものを手に入れる。彼らは、受益者だ。

貧困で10万人の少女が売春をする国がある。その価格は高くても28ドル。彼らは少女とのセックスが28ドルで買えるのが安いと感じる人間は、その不公平さを好み、利用する。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事