◆取り残され、やがて消えゆく上海の古い町並みに郷愁を感じる

NO IMAGE

日本でも地方には古い町並みが残されていることがある。たまにそういったところを歩くと、郷愁を覚えたり、子供だった頃のことを思い出したりすることも多い。

古い町並みには、その雑然としたものが醸し出す何か不思議な雰囲気があって、それは多くの人を惹きつける。

古い町工場の油の音、八百屋の店員の声、駄菓子屋の毒々しい色をしたお菓子、下町の長屋から漂う夕食の匂い、子供の泣き声、狭くて雑然とした路地裏……。

当時を生きていたときは、そんな光景に意味があるとは誰も思わない。

しかし、そういった光景を失って何十年も経つと、あの雑然とした空間が、実は自分たちを育んでくれた大切な繭(まゆ)だったことに気付く。

都市開発はどんどん進み、古い建物は取り壊されてなくなっていく。そうやって街は知らない間に変わっていき、私たちはかつての光景を懐かしみながらも、今を生きるしかない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事