◆【投稿】タイ・バンコク売春地帯の、価格と内情を考察

NO IMAGE

売春地帯にいるには金がかかるというのは、当たり前のことです。東南アジアは日本よりも安いというイメージが先行しているのですが、最近はもうそれほどの費用対効果はなくなってきております。

その理由は、日本の「円安」と東南アジアの「インフレ」です。日本の国力が落ち、東南アジアの国力が上がっていくと、物価の差が徐々に消えていくのは当然のことです。

経済的な環境を変えるこの2つ、「円安」と「インフレ」については今後も大きな注意が必要です。

そういった中で、現在のタイ・バンコクの売春地帯を、「価格」の観点から考察して頂いた文章がありますので、これを投稿として掲載したいと思います。

これは、当初コメントとして頂いたものを再編集・追加してもらったものです。

(鈴木傾城)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事