◆自分の前腕が火傷のように日焼けして、白い肌のことを思う

NO IMAGE

久しぶりのカンボジアは着いたその瞬間から雨まじりの天気だったので、熱帯の日差しについての防御をすっかり忘れてしまい、翌日は半袖のまま一日屋外にいた。

そのため、前腕が猛烈に日焼けして火傷を負ったように真っ赤に変色して発熱した。慌てて水で冷やしたり、濡れたタオルを前腕に巻いたりしたのだが、もう遅かった。

顔は無事だった。現地で買ったカンボジアの国旗マーク付きの帽子をかぶり、目も守らなければいけないというので、ずっとサングラスを付けていたからだ。

私は今までどんな強烈な真夏日でもサングラスを付ける習慣はまったくなかった。

しかし、今年からは直射日光を浴びて網膜を傷つけるのを避けようと考えるようになり、サングラスを初めて買った。

サングラスがあるのとないのとでは「こんなに違うのか」と思うほど目が楽だった。早くサングラスを使えばよかった。もう手放せない。(視力喪失時代。今の社会は人々の視力を奪い取っていく社会

下半身も長ズボンで防御していた。私はどんなに熱くても半ズボンは履かない。熱帯の貧困地区は夕方になると蚊の大群に遭遇する。マラリアは避けたい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net