◆「ガネーシャは実在していた」と主張するヒンドゥー原理主義者たち

◆「ガネーシャは実在していた」と主張するヒンドゥー原理主義者たち

「ガネーシャ」という神を知っているだろうか。

胴体は人間なのだが顔は象になっている、あの奇妙でインパクトのある神だ。

ヒンドゥー教の神話に出てくる神のひとりなのだが、あまりにも特異な容姿のために、インドで広く信仰されているシヴァやパールバティよりも国外で知られている。

最近、インドで「ガネーシャは古代インドで移植手術が行われていた証拠である」と主張する人物が現れ、学者たちにその証拠を見つけよと命令している。

ガネーシャ自身が荒唐無稽な想像上の産物だ。そんなことはガネーシャの「ありえない容姿」を見れば分かるはずだ。

しかし、それを実話と思い込み、さらに移植手術まで行われていたと考えるのだから、その無知蒙昧さと常識のなさに呆れてしまう。

ところで、誰がそんなことを言っているのか。それを言った人物は、インドの元首相ナレンドラ・モディ氏である。モディ首相はヒンドゥー原理主義者であり、心の底からヒンドゥー教を信奉している。

だから、ガネーシャですらも「実在していた」と思い込めるのである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事