◆結合双生児。まったく同じ環境で生きていても気質は違う

NO IMAGE

もし、ここに2人の人間がいたとする。同じ環境で育ち、同じ家庭で暮らし、同じ学校に行き、同じ友達を持つ。そうすると、この2人は同じ気質なのだろうか。

たとえば、一卵性双生児はそのような環境になりやすいのだが、それでは一卵性双生児は気質は同じだろうか。

興味深いことに、一卵性双生児でも「気質が違う」ことが分かっている。それは多くの研究で証明されている。同じ日に生まれ、同じ環境で育ち、同じ大学に行っても、気質は違い、考え方も違っている。

これは、2人以上の子供を持つ親、あるいは母猫や母犬が同じ日に生んだ仔猫や仔犬を育てたことのある人は、深く納得できる事象であるはずだ。

同じ親に育てられた兄弟でも、明らかに気質が違っている。兄弟は、ほぼ同じような環境に育ち、同じ親を持ち、同じものを見て食べて育って来た。

しかし、やはり気質は違っているのだ。

これを知る最も極端な例は「結合双生児」である。結合双生児とは身体のどこかが結合して、切り離せなくなっている双子を指す。

臓器は共有していない双子もいれば、ある臓器は別々、ある臓器は共有という複雑な双子もいる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事