◆ポルポト政権誕生までの政治状況07 – 危険なグループの台頭

NO IMAGE

クメール人民革命党は古参幹部とパリ留学組との間で深く激しい権力闘争があった。

書記長再選の席で絶対に勝てるという保証はポル・ポトにあったのだろうか。もし、五分五分の確立で自分が当選しなかった場合、危険を冒しただけ損だということになる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事