◆行政から取り残され自給自足しているインドの僻地の村の光景

NO IMAGE

2012年7月30日、31日と世界でも類を見ない大停電で6億人が影響を受けた。

その原因として中産階級になった2億人が電気を使い出したからだと言われた。

インドではほとんど絶対貧困すれすれで生きている人口は6億人以上もいると言われている。その貧困者の大部分が農村部にいる。

インドと言えば、コルカタやムンバイのような大都市ばかりが注目を浴びるのだが、その理由は「田舎に行っても何もない」からである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事

blackasia.net