◆優しい人を踏みにじりながら天国を求める人間の矛盾と傲慢

NO IMAGE

優しい性格の人と一緒にいると心が洗われる。優しい人と一緒にいると、とても安心できる。その優しさは殺伐とした社会だからこそ貴重でもある。

ところが、このような人たちは往々にして社会の犠牲になる。なぜなら、社会は優しくないからである。この世には強欲で、自己中心的で、粗野で、暴力的で、他人を踏みにじっても何とも思わない人たちがサメのように旋回している。

そして、優しい人の優しさに付け入って、自分の都合の良いように徹底収奪していくのである。優しい人は食い散らかされていくと言っても過言ではない。

その光景は残酷だ。優しい人は、社会に無理難題を押しつけられても拒絶できない。優しい人は、強欲な人に何かを頼まれたら断れない。優しい人は、相手が悪意を持っていると分かっていても拒絶できない。

優しさは、そうやって優しさに重きを持たない人に容易に踏みにじられて使い捨てにされる。

しかし、優しい人は優しいがゆえに自分が社会の犠牲になったことを声高に叫ぶことはないし、謝罪しろ賠償しろと相手にねじ込むこともない。相手に配慮する優しさがあるので、その優しさに自分が潰されていく。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事