◆今は幻。いつまでもいつまでもあの時の女たちのことを想う

NO IMAGE

桜が散り、何度か雨が降り、そして日本はゆっくりと暖かくなっていく。そして、春の空気の中に、これからやってくる夏の兆しを感じることがある。

夏……。

それは、私の好きな季節だ。心をそわそわとさせ、どこか落ち着かない気分にさせる季節。私がこれほど夏が好きなのは、もちろん若い頃にずっとタイの40度を超える暑い日々の中でもがいていたからだ。

まだ、春が来たばかりなのに、もう夏を想う。暑い空気の中で得た、遠い日の想い出が甘美な想い出に包まれる。

私はずっと一匹狼で友人も求めていない。若い頃からずっとそんな調子で、今もまだ同じライフスタイルである。浮き草のようにさまよいながら生きていて、それは自由と言えば自由だが、とても深い孤独にある。

たまに日差しの強い日に外を歩き、太陽に照らされると、ひとりでベンチに座り、光を浴びて、いつまでも旅から旅へとさまよっていた熱帯の国々のことを懐かしく想う。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事