◆「アジアで人知れず死ぬ」は、ハードルが高い願望だと知った

NO IMAGE

人はいつか死ぬ。こればかりは誰もが平等だ。どんなに先延ばししても、必ずその瞬間は来る。

あなたは、自分が死ぬとき「どんな死に方をしたいか」を考えたことはあるだろうか。

私は交通事故で死にかけたことがあるので、病院のベッドでチューブにつながれながら、死ぬときは「ここ以外のどこかで死にたい」と漠然と考えていたことがある。

たとえば、東南アジアのどこかの山岳地帯に入って、そこで人知れず死ぬのは理想だとも考えた。

やがて退院する頃になると、死ぬより生きる方を考える必要に迫られたが、「どんな風に死ねばいいか」という命題はずっと心に残った。

東南アジアで死にたいというのは何度も書いているし、私のことだから、死にかけたら本当にそれを実行するだろうが、それでは具体的にどこにすればいいのか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事