◆アメラジアン。フィリピンに棄てられ、忘れられた子供たち

◆アメラジアン。フィリピンに棄てられ、忘れられた子供たち

アメリカのメディア大手ガネット社が手がけている『ザ・スペクトラム紙』で、つい一週間ほど前フィリピンの「忘れられた子供たち」の記事が掲載されていた。

フィリピンには「忘れられた子供たち」がたくさん存在しているが、アメリカはこの子供たちに関心の目を向けたことがないという内容である。

忘れられた子供たちとは、誰を指しているのか。

それは、アメリカ軍兵士が、フィリピンの現地女性に生ませて、そのまま捨ててきた子供たちのことだ。

こういった子供たちは「アメリカ人」と「アジア人」の間にできたので、このふたつの単語を合わせて「アメラジアン」と呼ばれている。

Amer + asians = Amerasians

この「アメラジアン」という言葉は、欧米では前向きに捉えられた言葉ではない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事