◆砒素で危険だと言われても飲むしかないバングラデシュの人々

NO IMAGE

安全な水を飲めるというのは、先進国の特権だ。途上国の多くの国は、出される水が安全なのかどうかは分からない。

それは透明に見えても汚染されているかもしれない。何らかの病原菌が混じっていても見た目には透明に見えるから判断できない。

煮沸すれば安全に飲めることが多いので、たとえばインドネシアの食堂では井戸から取れた水はみんな煮沸したものを出してくれる。

それでも氷に問題があったり、水質が身体に合わずに下痢をしたり体調を崩したりする人もいる。こればかりは体質としか言いようがないから仕方がない。

私も世界中のあちこちで、井戸の水を直接飲んできたり、インドでも好意で出された水を飲んだりしてきたが、何とか致命傷に至らずに生きてこられた。

バングラデシュにいたときも、ペットボトルの水が切れると、自然に井戸の水を飲むしかなくなってそれを飲んだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net