◆タイが再び政治的混乱。美しすぎる首相は生き残れるのか?

NO IMAGE

タイは2006年9月に、当時首相だったタクシン・シナワットをクーデターで追放してから国が二分されて、政治はタクシン派と反タクシン派でめまぐるしく入れ替わり、与野党が入れ替わってきた。

どちらの陣営になっても、必ず任期末期になると大規模デモが引き起こされて、政権は打倒されている。

2010年4月はタクシンを支持する赤シャツ隊と、王政や軍を支持する黄シャツ隊がバンコクで激しく衝突し、さながら市街戦のような様相になった。

そして、2011年2月にはプレアビヒアでカンボジアとの軍事衝突も起きて、反タクシン派のアピシット政権は追い込まれていった。

やがて、この年の選挙でアピシット政権は崩壊、2011年8月にはタクシン派のインラック・シナワットが首相になることが決定した。この「美しすぎる首相」は、タクシンの妹である。(インラック・シナワット。またもやタクシン派の時代がやってきた

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事