◆中国では、自分の知らない間にセックスが記録されていく

NO IMAGE

中国でのビジネスは、何事もワイロがないと始まらないというのが誰もが知っている。

中国に進出したイギリスの名門製薬会社GSK(グラクソ・スミスクライン社)も、販路を拡大するに当たって、共産党幹部と医師の両方にワイロをばらまくという方策を積極的に進めていった。

中国販売責任者になったのはイギリス人のマーク・ライリーだったが、彼はこういった中国の伝統をよく研究して「郷に入らずんば郷に従え」の通り、ワイロをばらまきまくった。

中国でのワイロというのは、「金と女」の両輪だ。GSKは役人と医師に、現金とモデル級の女性とのセックスを提供し続けてきたのである。

その結果はめざましいものがあった。マーク・ライリーが責任者となった2009年からGSKの中国の売上は数百億円に上ったのだった。

ところが、あるときマーク・ライリーの元に1本の動画が送られて来て、それを見た氏は青ざめた。自分のセックス・シーンが盗撮されて克明に記録されていたのである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事