◆欲しいものを這い回って手に入れる体験が再び重要になる?

NO IMAGE

昔のバンコクは思い出深いし、とても好きだった。東南アジアのこの大都市は、私にとって冒険しても冒険しても尽きないワンダーランドのように思えた。

しかし、時間の決められた目的地があると、このワンダーランドは途端に魔都と化す。高架鉄道BTS(スカイトレイン)ができる2000年頃まで、バンコク市内で行きたいところに行くというのは大変だったのだ。

私はヤワラーやシーロムあたりにいることが多かったが、そこからタクシーやトゥクトゥクを使わないで、チャトゥチャックに行こうとか、エカマイに行こうと思ったら、バスを乗り継がなければならない。

そのバスが難問で、タイ人に聞きながら番号付きのバスに乗るのだが、いったいどこに向かっているのか、どこで降りて良いのか、まったく分からないのである。

当時のバスは、確か3バーツほどだったような気がするが、タクシーはどこに行くにも100バーツを超える。時間も暇もたっぷりあるのだから、ローカル・バスに挑戦するのだが、たいていは目的地に着けずに、半日仕事になった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事