◆鼻を削がれたアフガン女性ビビ・アイシャと賛否両論の写真

NO IMAGE

閲覧注意
2010年8月、アメリカの商業誌TIMEに、鼻と耳を削ぎ落とされたアフガニスタン女性ビビ・アイシャの顔写真が出たことがあった。

家庭内暴力に耐えかねて逃げ出したのが「イスラム的ではない」ので、報復として夫に鼻と耳を削ぎ落とされたというのがビビ・アイシャの身に起きた悲劇である。

血の海の中で倒れているのを女性の福祉団体に助け出され、ひっそりと暮らしているところをアメリカのジャーナリストに見出されて雑誌の表紙になった。

美しい少女だったはずだが、鼻が削がれて痛々しいことになってしまっている。この写真が商業雑誌の表紙を飾ったのだから、それがいかに思いきったことであるかが分かる。

この写真については、発売された瞬間に大きな賛否両論をアメリカで巻き起こした。

まずは、どんな写真だったのか、それを見て欲しい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事