◆無数の手が助けを求めてあなたの目の前に突き出されるとき

NO IMAGE

途上国に入れば、街でストリート・チルドレンも見れば、物乞いの女性も見る。怪我をした人も見れば、身体にとても大きな障害を持った人も見る。

歩いていると、彼らが救いを求めて手を差し出してくる。

たとえばインドに行けば、苦しみの表情で今にも倒れそうな女性がついて回る。

彼らは何も持っていない。本当に貧困だ。ボロを着て、異臭を放ち、見るからに路上生活が長いことが見て分かる。裸足で足も真っ黒になっている。

彼らを見ていると、何とかしてあげたいと感じることもある。

しかし、貧しい人たちの数はあまりにも多い。ひとりに渡すと途端に大勢に囲まれて身動きできなくなる。

貧しい人たちは無限に存在し、所持金は有限である。何とかしたいと思っても、何とかできるものではない。しかし、それでも彼らは付きまとってくる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net