◆ひとりの日本女性が、自分の愛した国で不運にも殺された

NO IMAGE

トリニダード・トバゴ共和国という小さな国がある。ベネズエラに近いカリブ海の小さな島国だ。(トリニダード・トバゴの誰も知らないアンダーグラウンド

2016年2月10日、このトリニダード・トバゴの首都、ポート・オブ・スペインで、ひとりの日本人女性がビキニの姿で殺されているのが発見された。

クイーンズ・パークの草むらに捨てられていたのだが、身体には切り傷やアザや殴られたような痕が残っており、首を絞められて窒息したのが死因であると言われている。

彼女の名前は長木谷麻美(ナガキヤ・アサミ)、30歳でプロの音楽家だったと言われている。

トリニダード・トバゴは石油資源が豊富なこともあって、意外に豊かな国だったのだが、ここ最近はベネズエラと同様、エネルギー価格の下落の直撃で景気は良くなかったようだ。

景気が悪くなれば治安も悪化するが、なぜ彼女がこんな国に行ったのかというと、音楽家としてこの国のカーニバルに参加するためだったという。彼女はこの国や、この国の特別な音楽を愛していたようだが、それが悲劇を招いた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net