◆海外で「魔女だ」と思われたら、もう命がないものと思え

NO IMAGE

閲覧注意
日本ではメイドと言えば、お遊びのメイドが主流なので、何か「かわいらしいもの」のようなイメージがある。だからメイドになりたいという女性は多い。

しかし、国外でメイドと言えば、貧困の境遇にある女性が国外の金持ちの家に住み込みで酷使される奴隷ビジネスで、それは女性の涙と忍苦の象徴である。

実際のメイドがどんな扱いになっているのか、日本人はもっと知るべきだ。

彼女たちは主人に、長時間労働させられ、レイプされ、殴られ、焼かれ、罵られ、切り刻まれることもある。(メイド虐待が国際問題になっても絶対になくならない理由

それは危険なビジネスであり、「かわいい」とかそんな話ではない。

それと同じことが「魔女」にも言える。日本では子供向けの他愛ない少女アニメの影響で、「魔女」と言えば、かわいらしい少女が棒を振り回したら魔法が使えて楽しくなるようなイメージでしかない。

しかし、国外で「魔女」と言えば「悪魔の女」である。もし、外国で魔女だと思われたら、冗談抜きに殺されることもある。魔女は邪悪な力を持った人間であり、差別の対象になっているからである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net