◆平成28年(2016年)。犯罪の現場から見た日本の特徴40項目

NO IMAGE

警察庁は2016年7月29日に「平成28年版警察白書」を公表しているが、これを見ていると、日本の社会の闇で何が起きているのか、その最新の姿がおぼろげながらに分かってくる。

現在の日本はグローバル化の波をかぶっており、警察庁が最も重視しているのは、国際テロへの対応や、増え続ける外国人旅行者のトラブル対処である。

オリンピックを控えており、今後はますます外国人旅行者が日本に入り込んで来るわけで、警察庁がこの方面に力を入れるのは当然だ。

それとは別に、日本国内では様々な犯罪が起きているのだが、今の日本はどうなっているのだろうか。どんな犯罪が増えて、どんな特徴が見られるのか。

警察白書が出している統計資料の中から、特徴的なものを一覧で示してみたい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事