女性たち

◆エブリン・ミラー。2つの膣と2つの子宮を持つ最強の美人コールガールの妊娠

オーストラリアのゴールドコーストで働いていたエブリン・ミラーは、最強のコールガールだった。整形で手に入れた整った顔立ちに迫力あるボディ、そして彼女の趣味である全身タトゥーは多くの顧客をノックアウトさせるに十分だった。 彼女の存在はアンダーグラウンドでは芸能人並みの熱狂で受け入れられ、彼女はハイクラスの存在として君臨した。しかし、彼女の肉体的特徴は別のところにあった。 彼女は生まれながらにして、2つ […]

◆須藤早貴。金に飢えた夜の女は猛獣だ。夜の猛獣は飼い慣らすことはできない

ちょうど3年ほど前、和歌山県で77歳の資産家の男が覚醒剤を大量投与されて死ぬという事件があった。この事件はブラックアジアでも取り上げている。(ブラックアジア:野崎幸助。結婚して3ヶ月後、何者かに覚醒剤を盛られて絶命) この男は「紀州のドンファン」と呼ばれていて、以前から若い女性を追いかけては騙されて金を盗まれるような男だった。この男は55歳年下の女性と結婚したのだが3ヶ月後にあえなく覚醒剤を盛られ […]

◆ミャンマー出身の女性ナン・ムエサン。医師をクビになって大金を稼ぐ女性になった

ミャンマーが荒れている。国家存続の危機と化している。現在、多くの国民が貧困に落ちており、こうした中で10年後はミャンマーという国が滅亡しているかもしれない。(ブラックアジア:虐殺が続いて無政府状態と化すミャンマーのクーデター事件の裏側にあるもの) 今日はその話題から少し離れて、ミャンマーの毛色が変わった女性を紹介したいと思う。ナン・ムエサンという30歳になろうとしているヤンゴン出身の女性だ。 彼女 […]

◆鼻先が壊死した中国の美人女優ガオ・リューが世界に知らしめた中国の闇

中国はニセ食品が多発する国である。餃子の具は段ボール、米はプラスチック、油は下水から汲み取った油、鶏肉はドブネズミの肉、子供の粉ミルクはメラミンと、おおよそ人間が考えるレベルを超えたニセ食品が蔓延する。 最近ではコロナワクチンまでもが、ただの食塩水だったりする。(マネーボイス:中国の偽コロナワクチンに気をつけろ。中身は食塩水、日本人は美味しいターゲット=鈴木傾城 ) そんな国だから、ニセ札もニセ証 […]

◆ジョセリン・カノ。巨大なヒップを求めて死んでいったメキシコのモデル

最近、メキシコのジョセリン・カノという女性が巨大なヒップを手に入れようとコロンビアで整形手術を行ったのだが、手術がうまくいかなくて死亡したという。 最近、欧米では豊胸手術と同時に豊尻手術も流行っている。巨大な胸、巨大なヒップが持てはやされており、女性たちは人間ではない「別の何か」を追及するようになっている。ジョセリン・カノも、そんな女性のひとりだった。 豊尻手術は、臀部や大腿部に大きなシリコンを埋 […]

◆脱毛症で髪の毛を失う女性と、抜毛症で髪を抜くのがやめられない女性がいる

アヤンナ・プレスリーという女性がいる。彼女はアメリカ・マサチューセッツ州で初めて下院議員となった女性なのだが、コーンロウ(cornrow)系の髪型が特徴の女性で知られていた。 コーンロウというのは、以前にも取り上げたがこのような髪だ。(ブラックアジア:コーンロウ。それは、女性の汲んでも汲んでも尽きない個性のひとつと思える) ところが、この特徴的な髪を持った彼女は、2019年の秋頃からどんどん髪が抜 […]

◆ナターシャ・ジャイト。セレブたちの未成年セックス組織を暴露する前に死亡

上層部の秘密を暴こうとする人間は、「都合が悪くなったら消される」というのはサスペンス小説や映画でお馴染みのテーマだ。あるいは、秘密を知りすぎた人間が殺されるというのも、よくある設定だ。 2019年8月には、ジェフリー・エプスタインというセレブ御用達の未成年ハーレムを運営していた男が「刑務所で自殺した」という事件があった。(ブラックアジア:エプスタイン。政財界の大物相手にセックスビジネスをしていた大 […]