スワイパー

◆小説『スワイパー1999』、コミカライズ第2話。そして、カンボジアの想い出

私の小説『スワイパー1999 カンボジアの闇にいた女たち』だが、先月から『まんがグリム童話』という雑誌の中で『アジア売春街の少女たち〜スワイパー1999〜』というタイトルで連載が始まっている。 『まんがグリム童話』については、こちらで詳細を書いた。(ブラックアジア:カンボジアの小説『スワイパー1999』、コミカライズ(マンガ化)します) 9月28日。第2話が掲載されているのでシェアしたい。 ●アジ […]

◆プノンペンあやしい掲示板の「井上一世」氏が死んでいた

昨年だったが、風の噂で「盲目の井上さんという人がプノンペンで極貧生活をしている。ご存知ですか?」という話を人づてに聞いたことがあった。 盲目の日本人は知らないし深い関心もなかったので、そのまま記憶の外に消えてしまった。私が関心を持っているのは東南アジアの女性であって日本人の男ではない。 ところが最近になって、「数ヶ月前にこの人が死んだ」ということを今度は別の人に聞かされた。 インターネットを見てみ […]

◆カンボジア・スワイパーに在籍していたベトナム女性の写真

カンボジアのスワイパーはかつてアジアでもっとも堕落した売春地帯だと言われていた地域だった。 ここは2001年頃から監視が厳しくなり、2003年1月23日にカンボジア当局の一斉捜索を受け、翌日24日に完全閉鎖された。 実はそのあとも残党が地下に潜って生き残っているのは2004年に行って確認したが、すでに99%が閉鎖されて売春地帯ではなくなっていた。売春地帯としてのスワイパーは終わったのだ。 このスワ […]

◆スワイパー。カンボジア人の憎悪の中で存続した闇の売春村

カンボジア編 プノンペンから延々と11キロ、国道5号線をウドン方面に北上する。 ムスリム(イスラム教徒)の寺院を左手に、クメール人の高床式の粗末な家を右手に見ながら、さらに奥へ奥へと突き進んで行くと、今はもう古びて色あせてしまった「コンドームを使いましょう」という看板が見える。 それを左折すると、そこは「スワイパー」と呼ばれる村である。 ここは「不浄の聖地」だ。地獄に堕ちるのは避けられそうにないほ […]