カトリック教会に潜むプレデターに子供たちが性的虐待される現実

カトリック教会に潜むプレデターに子供たちが性的虐待される現実

イエス・キリストは清廉潔白な人物であったと記されている。キリスト教は貞操をとても大切にして、性的に堕落した人間を「神の道から外れている」として激しく糾弾する宗教だ。

だとすれば、この宗教を教え、広める聖職者は清廉潔白でなければならないはずだ。イエス・キリストのように身も心も性の煩悩から超越した存在でなければならないはずだ。

しかし、現実はそうなっていなかった。

2018年9月25日。ドイツのカトリック教会の司教会議が民間機関や大学の犯罪研究所の専門家に委託してまとめた報告書が全世界に衝撃を与えている。

これは、聖職者による未成年者への性的虐待に関する報告書である。ドイツでは1946年から2014年までの間に、分かっているだけで3677人以上もの子供たちが聖職者に性的虐待されていたのだった。

性的虐待と言えば少女に対するものを想起するが、報告書では「被害者の35%は少女、65%は少年」だったと記されている。これらの性的被害は以前から存在する。しかし、人々は「知らなかったこと」でやりすごしてきた。

しかし、全世界でカトリック教会聖職者の性的虐待事件が大きな問題になるにしたがって「知らなかったこと」にはできなくなっていった。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

5人姉妹の全員が神父さんに性的虐待されていた

聖職者と言えば、最も清廉潔白でなければならない立場である。その存在は、性的であってはならない。堕落した人々に対して「正しい道」を呼びかける立場である。

そんな立場の人間が、子供たちに対して性的な「いたずら」をしていたというのは信じがたい出来事でもある。しかし、事実だ。

聖職者にいたずらされたある子供たちの告白は、世界中で記事にされている。

「サマーキャンプに呼ばれて行くと、夜になってみんなが寝静まっている中で執拗に性器を触られた」「神父さんは自分の上に乗っかかって自慰をしていた」「手術後に身動きできない中をレイプされた」「5人姉妹の全員が神父さんに性的虐待されていた」……。

世界中で、次々とおぞましい実例が上がっていた。

聖職者の性的スキャンダルは誰もが信じたくないし、そうした噂が立っても「まさか、そんなはずはない」と否定したい。

なぜなら、教会はどこの国でも村や地域のコミュニティの中心になっているし、その中心部が退廃と性犯罪の温床であったとしたらコミュニティ全体が崩壊してしまう。そして、自分自身の信仰すらも揺らいでしまう。

聖なる者が性的に堕落していたというのは、誰もが想像すらしたくない出来事なのである。しかし、聖職者による子供への性的虐待は次々と報告されていた。

2010年にはニューヨーク・タイムズがアメリカで起きた性的虐待をバチカンが隠蔽していたことをすっぱ抜いたのだが、これに対して当初のバチカンは「つまらぬゴシップ」と吐き捨てて認めなかった経緯がある。「教会の権威を貶める何者かの陰謀だ」と言ったこともあった。

しかし、認めざるを得なくなると今度は「一部の聖職者による過ち」「カトリックだけの問題ではない」と言い逃れに終始した。

インドネシアの辺境の地で真夜中に渦巻く愛と猜疑心の物語。実話を元に組み立てられた電子書籍『売春と愛と疑心暗鬼』はこちらから。

プレデター(捕食者)が跋扈するカトリック教会

聖職者による性的虐待は「現実」だった。

ドイツ司教会議が報告した氷山の一角でさえも、3600人を超える被害が記されていたのだ。調査を拡大していくと、被害者の数はさらに増えていくことになる。

アメリカでもペンシルベニア州内の聖職者が1000人以上もの子供たちに性的虐待を行っていたことも発覚している。

しかし、カトリックは自らの権威と尊厳を守るために、今まで闇の中で起きていたこうした「不都合な事実」を封印し、圧殺し、報告を握りつぶし、記録を改竄していた。

2010年代に入ってから、全世界で聖職者による性的虐待が表面化し、それをカトリックの総本山であるバチカンが黙殺していたことも明るみに出るようになっていた。

現在のフランシスコ法王もまた「報告を受けていたのに、何ら手を打たなかった」として糾弾されている身だ。

法王はアメリカの聖職者セオドア・マキャリック枢機卿が未成年者や若い聖職者へ性的虐待を行っていたのを「5年間も放置していた」として辞任を迫られている。

バチカンは「フランシスコ法王は被害者の味方だ」という声明を発表して事態を収めようとしている。

しかし、「再発防止を取る」と言った矢先に次々とスキャンダルが飛び出す状況の中でフランシスコ法王とバチカンに対する信頼は地に堕ちている。

バチカンは、子供たちを性的虐待する聖職者のことを「プレデター(捕食者)」と呼んでいる。カトリックはいまやプレデターが跋扈する世界と化しており、聖職者が危険視されるようになっているのだった。

鈴木傾城が、日本のアンダーグラウンドで身体を売って生きる堕ちた女たちに出会う。電子書籍『デリヘル嬢と会う2』はこちらから。

聖職者ですらも、闇の中ではプレデターになり得る

宗教は「性の堕落」を道徳と教義で規制しようとしてきた。

しかし、カトリック教会にはびこるプレデター(捕食者)が少年の性器を撫で回し少女をレイプする実態が明らかになって、もはや道徳と教義は建前でしかないことを人々は学習するようになっている。

宗教は美しい理想と建前を私たちに教えてくれるが、実際のところ、こうした理想と建前は決して醜い「現実」に勝つことはない。

光があれば影が生まれ、光が強ければ影は濃いように、影を消そうと明るく照らせば照らすほど、闇は深く濃くなっていくのが「現実」なのだ。

この現実を前にして私たちが考えなければならないのは、人間は誰であっても「悪」の素質を持っており、誰かを頭から崇拝したり信用したりするのは危険であるということだ。

カルトは危険であると私たちは知っている。カルトは私たちを洗脳し、教祖を崇拝させ、徹底的な隷属を強いる。(ダークネス:これが洗脳(マインド・コントロール)で使われる手法だ!

しかし、危険なのはカルトだけではない。本来は清廉潔白であるはずのカトリックの聖職者ですらも、闇の中ではプレデターになり得るのが現実なのである。

そう考えると、宗教も聖職者も最初から信じない方が潔い。

最初からアンダーグラウンドに堕ちて、ありのままをさらけ出している堕ちきった人間たちは、妙な道徳や建前を他人に強制しないで正体をさらけ出している分だけマシだ。

世の中の美しいものは堕ちた女たちからも学べる。心の安らぎや平和は真夜中の女たちからも学べる。バイオレンスとセックスが渦巻く世界でも愛や慈しみは学べる。本当の愛とは何か、堕ちた女たちから学んだ男を私は知っている。(written by 鈴木傾城)

フランシスコ法王。カトリックの聖職者による度重なるセックス・スキャンダルとその隠蔽で辞任を迫られている。バチカンは「フランシスコ法王は被害者の味方だ」という声明を発表して事態を収めようとしている。

この記事のツイッター投稿はこちらです

この記事を気に入って下さった方は、リツイートや♡(いいね)を押して頂ければ励みになります。

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事