◆アデル・ユーゴーになってしまうのではないかという恐怖

NO IMAGE

『アデルの恋の物語』という映画があった。1975年のフランスの映画で、イザベル・アジャーニが実在の人物アデル・ユーゴーを演じていたものだ。

恋の物語……。題名は甘いが内容は甘くない。

ひとりの男を愛した若い女性が、激情とも言うべき愛の「想い」を妄信的に信じ込む。

男につきまとい、男に振られても父親に「婚約しました」と嘘の手紙を書き、男がカリブ海に赴任して行くと彼女もまた後を追う。

最後、すでに熱病に冒されて精神崩壊している彼女は、男とすれ違っても気がつかず、ボロを着てよろよろとさまよい歩いていた。

これは実在の女性アデル・ユーゴーを描いた映画で、彼女はその後、精神病院の中で死ぬまで情念の日記を書き続けていたということだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事