◆アフガンの民間人を殺し、記念に指を切断していた米軍兵士

NO IMAGE

2011年11月10日。ワシントン州の米軍基地でひとつの軍法会議が行われ、ひとりの兵士に終身刑が言い渡された。カルバン・ギブズという26歳の兵士だった。

彼は2009年にアフガニスタンの第5ストライカー旅団に配属され、カンダハルの基地に配属されていた。

2010年1月頃、カルバン・ギブズは数人の仲間と共に民間人を面白半分に殺害する計画を立てて実行した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事