◆安酒メコン・ウイスキーとビアチャーンと、パタヤへの郷愁

NO IMAGE

タイ・パタヤは退廃の街だが、退廃にどっぷり堕ちてしまうと、この街を去ったときに、その退廃が忘れがたくて身もだえしそうになる。酔った男たちの咆哮ですら懐かしく思い出すのだから重症だ。

パタヤとは、多くの人に、そのような「習慣性郷愁症候群」を生み出す街である。

しかし、私はもう「元」放浪者の仲間入りだし、自分の体力を考えると、今後は退廃的な世界に沈没できるかどうかも分からない。

そうなると、パタヤの退廃とも自然に遠のくから、この郷愁も消えていってしまうのだろうか?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事