◆ヒラリーが憎む「外国に行っては女性と不純接触をする男」

NO IMAGE

アメリカのヒラリー・クリントン国務長官は、世界中の「いかがわしい男」を許さないという決意がある。

最近も、人身売買報告書の年次報告を公表し、世界中で人身売買が行われており、非常に問題であるとの報告をしている。

日本でも、売春目的の人身売買が行われていることや、「東南アジアへの売春ツアーの存在が問題視」されているのだという。

なるほど、それはとても問題だ。

男は世界中、あちこちを渡り歩いては「いかがわしい女性」と接触するので、さぞかしヒラリー・クリントンも頭に来ているはずだ。

ヒラリー・クリントンにとって、そんな男は許せない。もしかしたら、不愉快を通り越して、殺してしまいたいとも思っているかもしれない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事