◆新倉英雄のフィリピン妻は22万円で殺し屋に殺害依頼した

NO IMAGE

2013年12月29日、フィリピンのカビテ州ダスマリニャス市サンタルシアの路上で、ひとりの日本人が射殺された。新倉英雄さん61歳。フィリピン妻を追って、2013年9月にフィリピン入りして、3ヶ月ほど経った矢先だった。

フィリピン妻とは、東京のフィリピン・パブで1990年頃に知り合って、2005年に結婚した。53歳の頃だった。53歳と言えばもう若くないが、これが彼の初めての結婚だった。

やがて、ふたりの間に子供もできたが、妻はフィリピンに帰国した。そこで、彼はフィリピンと日本を行き来して、フィリピンに行くたびに100万単位で金を置いていったという。

彼は決して金持ちでも何でもない。警備会社で真面目に働いていた普通の庶民だった。

しかし、結婚した妻と子供のために、せっせと金を渡していたのだった。律儀な性格だったことが分かる。

フィリピン妻は何かにつけて「金が足りない」と言っては彼にねだったが、彼は黙って金を送金し続けていた。そして、60歳で定年退職したあと、フィリピンに移住したが、それから数ヶ月もしないうちに殺されたのだった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事