◆ヌード、セックス。インド女性が、宗教を殺す方法を見つけた

NO IMAGE

インドはヒンドゥーの伝統が強く、女性のほとんどが保守的で貞淑であるとはよく言われた。

しかし、もう10年ほど前から伝統が徐々に崩れ始め、携帯電話が普及し始めると同時に、保守的だったはずのインド女性がどんどん変わり始めた。

インターネットに自分撮りの画像をアップし始めたり、キスをアップしたり、ヌードをアップしたりするようになっていったのである。

表社会では相変わらず「映画にキスシーンはダメ」だとか「同性愛はダメ」だとか「映画にヌードなどあり得ない」と、いまだに何もかもダメづくしになっている。

ボリウッド映画はまだ女性のヌードやセックスシーンはない。

しかし、そんな堅苦しい表社会と断絶しているかのように、女性たちはすでにずっと先に進んでおり、自分のヌードはおろか、セックスまでインターネットにアップしている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事