◆中東・北アフリカのイスラム圏は、今後も混迷していくばかり

NO IMAGE

2013年1月23日、イラクのバグダッドで、またもや自爆テロが起きている。爆発はイスラム・シーア派のモスクで起きており、少なくとも42人が死亡、75人が負傷するというものだった。

明らかにマリキ政権の弱体化を狙ったものである。

アメリカ軍は2012年8月に入ってイラクから軍を引いており、マリキ政権だけが取り残されたが、それを見越してイラクでのテロは活発化してきている。

マリキ政権は治安の安定を強化する対策を実施しているが、ほとんど効果がなく、今後もこのようなスンニ派とシーア派の内ゲバのようなテロ事件は増えると言われている。

この相次ぐテロと死亡者の増加は、アメリカがもはやイラクを掌握するのはあきらめた結果でもある。

すでにアメリカは戦争を継続する金も意思もなくしているので、中東の混乱は放置される可能性が高い。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事