◆雲南省。東南アジアの闇を生み出す、中国側の貧しい国境地帯

NO IMAGE

中国と言えば、北京や上海を思い浮かべる人が多い。そこはまさに中国の代表都市であり、富も話題も人も、現代中国のすべてが集中している場所でもある。

しかし、中国の内陸部では見捨てられて、今でも極貧で暮らす人たちが6億人以上もいる。

ところで、私たちはいつも「中国の貧しい内陸部」と言うが、これは具体的にどこを思い浮かべればいいのか。中国で、最貧省と呼ばれているのは、だいたい次の三省を指すことが多い。

・四川省
・貴州省
・雲南省

この三省の山岳地帯に住む人たちの極貧は、私たち日本人が想像する貧しさとはまた違う。

荒涼とした大地、絶対的に不足する物資、中央政府からあまりにも遠く、存在すら忘れられている場所。実態を調べてみると、絶望的で、やるせないものがある。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事