◆食糧難の時代は昆虫を食べろと、国連があなたに言っている

NO IMAGE

2013年5月13日、国連食糧農業機関(FAO)が昆虫食を推奨する報告書を発表してから、世論は少しずつ「昆虫食」に向けて動き出している。

昆虫食については、ブラックアジアでも何度か取り上げたことがある。(昆虫食が新しい食材になったとき、あなたは食べられるか?

すでに世界人口は71億人を超えて、これからさらに増加していくのであり、食糧問題は待ったなしのところまで来ているのだ。

今後は、マスメディアでは繰り返し繰り返し昆虫食の話題が取り上げられ、それが新しい食文化に定着するまで行われるだろう。

なぜなら、最終的に人類は、昆虫食をしなければ生きていけないところにまで追い込まれていくからだ。食文化は、これからどんどん変わっていくことになる。

私たちは、食事についていろいろなものを認める方向で、考え方を転換していかなければならないのだろう。あなたは、準備できているだろうか?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事