◆「あの子が欲しい」花いちもんめ、という子供の唄の哀しさ

NO IMAGE

日本人は高度成長期を迎えてから現在まで、後進国や新興国から見ると、過剰なまでの豊かさを享受してきた。多くの人はこの時代しか知らないので、日本は昔から豊かだったと思い込んでいるが、本当はそうではない。

実感として知りたければ、1950年から1960年代の日本映画を観ればいいかもしれない。

この頃に作られた映画は、どの映画を観ても、そういった貧困だった頃の日本をきちんと映し出している。

もともと日本は豊かだったわけではない。明治や大正をことさら美化する日本人もいるが、その頃の日本は大多数の国民が貧困にあえいでいた。

農村では子供を売り飛ばす親もいたし、若い娘たちを買いつける女衒(ぜげん)というビジネスをしていた人間も多かった。今で言うところの人身売買だ。

人身売買は、豊かではない国では珍しくも何ともない光景で、現在も世界のあちこちで似たような出来事が起きている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事

blackasia.net